Archive for 5月, 2011

WEB SITE 開設1周年記念キャンペーン

水曜日, 5月 25th, 2011

ATES WEB SITEもお陰様で開設1周年を迎えようとしています。

お客様に感謝を込めまして赤字覚悟のキャンペーンを実施致します。

 

1. バンコク発日本向けハンドキャリーサービス料3700B又は1万円(24時間以内)

通常時サービス料12000B又は35000円(24時間以内)となっておりますので赤字覚悟の大サービスとなっております。

2. カンボジア(プノンペン)発日本向けハンドキャリー総額198000円!

航空券・サービス料・通信費・宿泊代・交通費等を含めた総額となります。

エクセスチャージが必要な場合は別途ご請求致します。

キャンペーンは空港~空港のサービスとなります。

対象の日本に空港は成田空港・羽田空港・中部国際空港・関西空港・福岡空港となります。

6月30日までにハンドキャリーが終了する便までのサービスとなります。

ソロモン諸島・ホニアラ向けハンドキャリー

火曜日, 5月 17th, 2011

バンコク発のソロモン諸島の首都ホニアラ向けハンドキャリーがありました。

まずは期日に間に合うようにルーティングを通関等の事も考えながらしなくてはなりません。

1. バンコク~シンガポール~ポートモレスビー~ホニアラ (シンガポールよりニューギニア航空)

2. バンコク~シンガポール~ブリスベン~ホニアラ(ブリスベンよりバージンパシフィックブルー航空)

通関の事を考えますと1番の方が楽です。しかし、今回はお預かりお届けする貨物が特殊な形状でしたのでまずは飛行機に積み込む事ができないことにはハンドキャリーが成功しません。航空会社に電話をかけ積めるか確認しすると1番は不可ということになりました。残された2番で確認すると可能とのことでしたのでルートが確定しました。2番のルートですとLCCに乗り継ぐ訳ですから(LCCでなくても航空会社が違うた荷物のスルーは不可)オーストラリア入国し通関後出発ロビーに移動しチェックインをしなくてはいけませんので十分な乗り継ぎの時間が必要となりますのでブリスベンまでの便の調整を行いました。

ホニアラは南国!といった感じでリゾート気分いっぱいでしたが、夕方5時にはほとんどの店が閉まってしまい、携帯電話の電波の繋がりもかなり悪く、インターネットもできるところは少なく、できても速度はとても遅い所でした。

ビンロウで口の中を真っ赤にしている人と街を普通に裸足で歩いている人が多かったのにはとても驚きました。

エジプト・カイロ向けハンドキャリー

火曜日, 5月 10th, 2011

エジプトのカイロ向けハンドキャリーがありました。

このところ中東・北アフリカ諸国が政情不安ではありましたがカイロにお届けしてまいりました。

エジプトといえばピラミッドというイメージがすごく強いのでピラミッドの前にて。

観光地でありますが、政情不安で自粛しているためか観光客はほとんどいない状態でした。

超緊急手配最短記録

日曜日, 5月 1st, 2011

本年より開始致しました新サービス「超緊急手配サービス」では出発の3時間前までなら可能とお伝えしております。

先日、以前よりご利用頂いておりますお客様よりご依頼のお電話をいただいたのが出発時間の2時間10分前でしたがスタッフが空港へ急行しチケットを購入、貨物をお預かりしチェックインの早業で無事ハンドキャリー致しました。

いろいろな条件が幸運にも重なって無理かと思われた事が可能になったのかもしれませんが、過去最短記録です。

バンコク発のみの「超緊急手配サービス」ですが、無理かとあきらめる前に一度ご相談下さい。